メジャーのマウンド 日本との違い 井川投手の感想は

ヤンキースに入団した井川投手は、大リーグのマウンドの感触を初めて体験した時、ヤ軍関係者と30分近く話をしたそうです。
 
井川投手はマウンドを足で踏みつけたり、指で触ったりして感触を確認しました。
 
大リーグのマウンドは日本より土が硬く、荒れにくい反面、スパイクが噛み合いにくいと言われています。

それでも井川投手は
 
「(硬くても柔らかくても)どちらでも構わない。硬いマウンドは日本にもある。硬さに違和感はない」
 
と全く問題にしていない様子です。
 
マウンドの傾斜を味方につける方法「佐々岡真司流ピッチングの極意」
マウンドの傾斜が苦手ならこのトレーニングを「佐々岡真司流ピッチングの極意」
マウンドさばきの基礎と実践「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」

調子に応じてフォームを変える ダルビッシュ投手と豊田投手

ダルビッシュ投手や豊田投手はその日の調子によって投球フォームを微妙に変えるそうです。

その日の調子によって微妙に投球フォームを変える。それは外からではわからないようなほんのちょっとの変化。違う投球フォームをいくつか持っていると、調子の良し悪しによって対応できる。

といった意味のことを言っていました。
 
2007年のダルビッシュ投手の快進撃はまさに文句のつけようがなく、日本ハムをパ・リーグ優勝させた立役者の一人であることは間違いありません。(これを書いている時点ではまだ日本一が決定していません)
 
「調子が悪い」と感じても違うフォームで対応できれば、シーズン中成績を大きく崩すことも少なくなると考えられます。今年のダルビッシュ投手の好投は、こういった工夫が支えていたのではないでしょうか。
 
ちなみにこの記事は中日ドラゴンズがセ・リーグ制覇を決めた日(07 10/20土)に書いています。ジャイアンツは負けてしまいましたが、中継ぎの豊田投手は素晴らしいピッチングでした。
 
テレビ中継の解説で、「豊田投手は何種類かの投球フォームを使い分ける」と言っていました。
 
ダルビッシュ投手の話を聞いていたので、またもや「へぇ、そうなんだ」と心に残りました。
 
何種類かのフォーム(といっても非常に微妙な違いなのでしょうが)を持つというのは非常に効果的なのではないでしょうか。
 
ダルビッシュ有投手のルポなど書籍
球速向上とケガ防止を両立させるフォーム作り「投手パフォーマンスライン」
ケガを招く危険なフォームを知る「佐々岡真司流ピッチングの極意」
フォームを変えずに内角・外角を投げ分ける「佐々岡真司流ピッチングの極意」
 

コメントを残す