川口和久さんのコラム 投手のクセを見抜く山本浩二さんと衣笠さん

以前東京スポーツ新聞に連載されていた、川口和久さんのコラムに、山本浩二さんと衣笠さんのエピソードが紹介されていました。
 
広島に入団したばかりの川口さんがキャッチボールをしていたら、山本さんと衣笠さんがやってきて、「カーブと真っすぐを投げてみろ」と言ってきたそうです。
 
すると・・・。

川口さんのピッチングを数球見た後、山本さんと衣笠さんの二人は、
 
「真っすぐ」「カーブ」「次もカーブ」
 
と、川口さんが投げる前から、次の球種をズバズバ的中させました。二人はすでに川口さんの投球のクセを見抜いていたのです。
 
 
特に山本浩二さんはピッチャーのクセを盗むのが上手く、試合中はネクストバッターズサークルでも全くと言えるほど素振りをしませんでした。
 
片膝をついた姿勢でマウンド上の投手をじっと観察し、相手のクセをじっくり見極めていました。
 
ルーキーだった川口投手のクセを盗むことなど造作もなかったのです。
 
 
山本さんと衣笠さんに指摘された後、川口さんは必死で自分のフォームを研究・改善しました。
 
 
川口さんは現在、少年野球のピッチング指導も行っています。
 

 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す