松坂大輔投手のエピソード二つ 敬遠は嫌い・球種多すぎ?

松坂大輔投手のエピソードを二つ紹介します。
 
松坂投手が敬遠をすごく嫌っている件や、豊富な球種がかえって混乱を招いているかもしれない件です。
 
メジャーリーグのピッチャーは変化球の種類がそれほど多くないことを考えると、球種は多いほど良いというわけではないようです。

 

松坂投手は敬遠大嫌い

レッドソックスの松坂投手は07年6/16(現地時間)のジャイアンツ戦で、初回にバリーボンズ選手を迎えました。
 
ここでベンチのサインは敬遠でした。
 
 
サインが出た後、キャッチャーからの返球を松坂投手はグラブで叩きつけるように捕球し、怒りをあらわにしました。
 
この時点ではメジャー初めての敬遠で、日本時代を含めても03年8月に当時ダイエーの城島選手を敬遠して以来のこと。
 
 
敬遠は松坂投手にとって「一番嫌いな作戦」であり、西武時代の松坂投手は敬遠のサインを拒否していたのです。
 
大リーグではそうもいかず、またこの場面では先頭打者を四球で歩かせていたため渋々サインに従いました。

松坂投手 変化球の球種が多すぎるのも考えもの?

レッドソックスに移籍して1年目の松坂投手は勝ち星は重ねているものの、アメリカで自分本来のピッチングができるよう試行錯誤しています。
 
制球に苦労する場面もあり、球威と制球のバランスはまだ改善の余地があるようです。
 
 
西武時代から松坂投手を知っているア・リーグのあるスカウトは、松坂投手が多くの変化球を持ちすぎているのが混乱の原因になっていると指摘します。
 
 
また同スカウトは

1人の打者に5球投げるとして3種類の変化球を見せても意味はない。
 
変化球とは全てが打者のタイミングをずらすチェンジアップなのだから、もっと球種を絞って精度を磨くべき。

とも語っています。
 
ひとつの変化球だけで素晴らしい成績を残している野茂、佐々木、斉藤隆ら各投手の投球は、松坂投手が安定するヒントになるかもしれません。
 
コントロールを良くする練習法!
プロが実践するトレーニングを大公開
このDVDで疑問を解決して下さい。
サンプル動画あります!
↓ ↓ クリック ↓ ↓
pitcher-joutatsukakumei2
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~
元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二監修
90日以内に制球力がアップしなければ全額返金


いずれも参考・サンプル動画あります!
↓ ↓ ↓
教科書には書けない野球動作 投球・守備などでケガをしない身体の使い方
投手パフォーマンスライン 自宅でできる!野球肘と肩の痛み改善法
公認アスレティックトレーナー直伝!プロのテーピング術
身体に負担をかけない投球法LAS理論
「野球肘0人プロジェクト」~お子様を野球肘から守り、救い出す方法~

コメントを残す