鉄球トレーニング 高橋尚成投手の負荷をかけた投球練習 渡辺拓氏考案

巨人軍の高橋尚成投手は、4月に月間MVPを獲得するなど、07年を好調にスタートしています。
 
その好調の秘密は、06年のオフから始めた「鉄球トレーニング」にあるようです。
 
 
この鉄球トレーニングは、公式球よりもひと回り小さいサイズで、重さ1kgの鉄球を地面に向かって投げるというものです。
 


 
このトレーニング法を思いついたきっかけは、あるテレビ番組でハンマー投げの室伏選手が
 
「物を投げる競技で最後に鍛えるべきところは指先だ」
 
と発言したのを、高橋投手のトレーナー渡辺拓氏が見たことだそうです。
 
 
渡辺氏は以前から鉄球トレーニングをする考えを持っていたのですが、これまでの日本球界では、投球に負荷をかけるトレーニングは「投球フォームを崩す」あるいは「肩や肘に負担をかけるのは危険」として避けられてきました。
 
 
しかし渡辺氏が05年に訪れたキューバでは、投球に負荷をかける練習は当然のように行われていたのです。
 
渡辺氏は「中米系の選手の球のキレがすごいのは、こういうことかと納得しました」と語っています。
 
 
帰国後さっそく高橋投手に鉄球トレーニングを打診しましたが、当初高橋投手は難色を示していたそうです。
 
それでも渡辺氏はキューバでの経験や、室伏選手の話など例を挙げて説得を続け、鉄球トレーニングは実現しました。
 
 
開幕からの高橋投手の好投を見る限り、鉄球トレーニングの効果はてきめんに表れているようです。
 
高橋尚成投手が教えます!
マウンド捌きから変化球(カーブ)まで
実践的トレーニング法を実演・解説
↓ ↓ クリック ↓ ↓
takahashihisanari
高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD
実践者のコメント、感想も多数寄せられています。

コメントを残す