山本昌さん 気の合わない上司が職場にいても

前ページの続きです。
 
阿川佐和子さんと山本昌さんの対談記事は今回が最後です。
 
山本昌さんが現役を辞める際の考えや、一般の社会人に向けてエールも送られています。
 
このコンテンツは週刊文春 2016年1/7号176~180ページを参考にしています。
(参考にさせて頂いた書籍等はピッチング上達コンテンツにまとめています)


阿川 歴代の監督との出会いはいかがですが?
 
山本 星野(仙一)監督にはボコボコに殴られたこともあったけど(笑)、引退を決めた時に最初に連絡してますし。
 
それは山田(久志)さん、高木(守道)さん、落合さん皆同じで、使ってくださった監督、そして先輩後輩、スタッフには感謝しかないです。
 
阿川 でも、みんながみんな気の合う上司ではないでしょ?
 
山本 もちろんそうです。僕は誰かのためというよりも、ドラゴンズのために頑張ってきました。
 
サラリーマンでも「上司からこんな不遇な扱いで・・・」という方がいらっしゃると思いますけど、会社のため、部署のために一生懸命もがいていれば・・・。
 
阿川 見ている人は必ずいますよね。
 
山本 そう思います。その姿勢があれば「こいつを使ってやろう」という人は、すぐじゃないかもしれないけど、現れるんじゃないかと。
 
少なくとも僕はそう考えてやってきたので、野球だけではなくこういった経験談を伝えていきたいですね。


阿川さんと山本昌氏の対談記事は以上です。
 

ピッチング上達教材
配球の本
変化球解説本・練習ボール
 

 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す