山本昌投手 ケガをしなかったコツ・秘訣 投げ方「アイシングはしない」

中日の山本昌投手が、2015年のシーズンを最後に引退しました。
 
50歳まで現役、プロとして活躍した期間は実に32年間。
 
 
若くても肘や肩などを故障する投手が珍しくない昨今、この長い期間ケガなくプロとしてのキャリアを終えた山本投手は、驚異と言えるのではないでしょうか。
 
 
山本投手によると、「ケガをしない投げ方」はあるのだそうです。
 
以前ネットで報じられた記事のポイントをまとめて紹介します。
 
「子供たちに伝えたい」―50歳まで現役・山本昌はなぜ怪我をしなかったのか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151020-00010002-fullcount-base&p=1
 

まず、非常に意外なことですが、
 
山本昌投手はアイシングをしたことがありません。
 
高校時代は「冷やすからプールに入るな」と言われていたため、プロになっても他の投手はやっていましたが、山本投手は「要らない」と言っていたそうです。
 
(ただし、アイシングを否定しているわけではなく、「やりたい人はやってもいいのではないか」と語っています)
 
コントロールを良くする練習法!
プロが実践するトレーニングを大公開
このDVDで疑問を解決して下さい。
サンプル動画あります!
↓ ↓ クリック ↓ ↓
pitcher-joutatsukakumei2
野球ピッチャー上達革命~コントロールを良くする練習法~
元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二監修
90日以内に制球力がアップしなければ全額返金
 
現在では登板後のアイシングは常識のように行われていますが、山本投手の例を見ると、もしかしたらこの常識も疑ってかかる必要があるのかもしれません。
 
 
そして肝心の「肩を傷めない、ケガをしないためのフォーム」を、山本投手は次のように表現しています。

大きく使うことですね。大きく使うこと。これしか言いようがないですね。
 
大きく使う準備ですね。ピッチングフォームであったり、キャッチボールのステップであったり、そういうことは言えます。
 
大きく使う。
 
もっと言うと、詰まらさないこと。ストレスのない(肩の)回し方、ストレスのない角度、ストレスのないリリース。
 
そういうものが合わさって、肩を壊さない投げ方になる。投げれば(肩や肘に)ストレスはかかりますよね。

これをどうストレスなく、少なく投げていくかということだと思います。

ちょっと漠然としたアドバイスのようにも聞こえますが、山本投手自身も「これしか言いようがないですね。その場に行けば指導できますけど」としているので、言葉で説明するのは難しいのかもしれません。
 
 
ただ、記事タイトルにもあるように、「ケガをしない投げ方を伝えたい」と考えているそうなので、今後はさらに詳しい話を聞けて、山本投手による投げ方指導なども受けられるのではないでしょうか。
 
サンプル動画 or 画像・実践者の体験談あります!
↓ ↓ ↓ ↓
投手パフォーマンスライン~自宅で取り組める野球肘と肩の痛みを改善させる方法~
教科書には書けない野球動作
「野球肘0人プロジェクト」~お子様を野球肘から守り、救い出す方法~


山本昌 引退記念号 2015年 11 月号

コメントを残す