山本昌投手 ケガをしないのは「大きく使うフォーム」

中日の山本昌投手が、2015年のシーズンを最後に引退しました。
 
50歳まで現役、プロとして活躍した期間は実に32年間。
 
若くても肘や肩などを故障する投手が珍しくない昨今、この長い期間ケガなくプロとしてのキャリアを終えた山本投手は、驚異と言えるのではないでしょうか。

山本投手によると、「ケガをしない投げ方」はあるのだそうです。
 
以前ネットで報じられた記事のポイントをまとめて紹介します。
 
「子供たちに伝えたい」―50歳まで現役・山本昌はなぜ怪我をしなかったのか
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151020-00010002-fullcount-base&p=1
 
まず、非常に意外なことですが、
 
山本昌投手はアイシングをしたことがありません。
 
高校時代は「肩を冷やすからプールにも入るな」と指導されていました。当然アイシングで冷やすこともしませんでした。
 
プロになって他の投手はやっていましたが、山本投手は「要らない」と言っていたそうです。
 
ただし、アイシングを否定しているわけではなく、「やりたい人はやってもいいのではないか」と山本投手は語っています。
 
 
現在では登板後のアイシングは常識のように行われていますが、山本投手の例を見ると、もしかしたらこの常識も疑ってかかる必要があるのかもしれません。
 
そして肝心の「肩を傷めない、ケガをしないためのフォーム」を、山本投手は次のように表現しています。

大きく使うことですね。大きく使うこと。これしか言いようがないですね。
 
大きく使う準備ですね。ピッチングフォームであったり、キャッチボールのステップであったり、そういうことは言えます。
 
大きく使う。
 
もっと言うと、詰まらさないこと。ストレスのない(肩の)回し方、ストレスのない角度、ストレスのないリリース。
 
そういうものが合わさって、肩を壊さない投げ方になる。投げれば(肩や肘に)ストレスはかかりますよね。
 
これをどうストレスなく、少なく投げていくかということだと思います。

ちょっと漠然としたアドバイスのようにも聞こえますが、山本投手自身も「これしか言いようがないですね。その場に行けば指導できますけど」とされているので、言葉で説明するのは難しいのかもしれません。
 
 
ただ、記事タイトルにもあるように、「ケガをしない投げ方を伝えたい」と考えているそうなので、今後はさらに詳しい話を聞けて、山本投手による投げ方指導なども受けられるのではないでしょうか。
 
アイシングも効果なし?肩以外にもある「肩のハリ」の原因
「投手パフォーマンスライン」ケガを防ぐためのトレーニング、球速向上とケガ防止を両立させるフォーム作りなどが解説されています。

肩周りをバランス良く鍛えて筋力強化&ケガしない肩を作る
「ピッチング・スピードアッププログラム」で解説

ケガを招く危険なフォームを知る
「佐々岡真司流ピッチングの極意」で解説



 

コメントを残す