斎藤隆投手のバイブル「究極のトレーニング」 梨状筋と股関節

以前BSの番組で、斎藤隆投手のトレーニングおよびフィジカルケアに関する特集がありました。
 
その中で斎藤投手は、石井直方東京大学大学院教授の「究極のトレーニング 最新スポーツ生理学と効率的カラダづくり」を「トレーニングのバイブル」としていました。
 

「究極のトレーニング」は で、Amazonでの購入者レビューでも、13件中12件が星4つ以上(当エントリー作成時)と、高評価を得ています。
 
またその番組では、筋肉の中でも特に梨状筋をクローズアップしていました。
 
 
梨状筋は大臀筋の内側にあり、ここが軟らかいと股関節が開きにくくなります。
 
これはつまり、ピッチングにおけるタブーのひとつである「体の開き」が起きにくくなることを意味します。
 
加齢に伴い梨状筋が硬くなると股関節が開きがちになり、体も開いて投球に必要な力が溜められなくなってしまうのです。
 
球速を上げるためのトレーニング法
3ヶ月で、15km/h アップ!
サンプル動画あります!
↓ ↓ クリック ↓ ↓
pitching-speedupprogram
ピッチング・スピードアッププログラム


いずれも参考・サンプル動画あります!
↓ ↓ ↓
教科書には書けない野球動作 投球・守備などでケガをしない身体の使い方
投手パフォーマンスライン 自宅でできる!野球肘と肩の痛み改善法
公認アスレティックトレーナー直伝!プロのテーピング術
身体に負担をかけない投球法LAS理論
「野球肘0人プロジェクト」~お子様を野球肘から守り、救い出す方法~

コメントを残す