岡島投手快進撃の源は繊細さと反骨心

岡島秀樹投手は07年からレッドソックスに中継ぎ投手として移籍し、快進撃を続けました。
 
柔和な印象を与える外見に違わず、岡島投手は繊細なところがあるそうです。

メジャーリーグ移籍当初は、日本のスポーツ紙記者に「話す相手がいないんで毎日僕のところに来てください」とお願いしていたほどです。
 
 
繊細すぎる性格は、プロスポーツでは時にマイナスに作用しますが、岡島投手の場合は繊細な性格があるからこそマウンドで集中力を保っているという意見があります。
 
 
繊細さとは裏腹に反骨心も持ち合わせています。その反骨心の向かう先は古巣・巨人軍のようです。
 
巨人軍からトレードで出された後、移籍先の日本ハムで復活できたのは「巨人を絶対に見返してやる」という強い気持ちがあったからだといわれています。
 
レッドソックスに移籍した今でも「巨人の結果は気になる」と語っているそうです。
 
フォームを変えずに内角・外角を投げ分ける「佐々岡真司流ピッチングの極意」
伸びるストレートを思い通りの場所に投げるポイント「野球ピッチャー上達革命」
 

 

同カテゴリの最新記事

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す