福本豊氏のリード 姿勢や帰塁・けん制への意識

前ページからの続きです。
 
松本匡史氏によると、けん制の多い投手ほど盗塁しやすいそうです。
松本氏の解説です。

「けん制が多いほど、タイミングが計れるので走りやすくなる。全くけん制しない投手だと、『いつ走ろうかな?』と考えてしまう」
 
 
リード(盗塁)といえば、福本豊氏に話を聞かないわけにはいきません。
 
通算日本記録 1065盗塁
シーズン世界記録 106盗塁

 
を持つ、世界の盗塁王です。
 
 
「リードは簡単」と語る福本氏は、以下のようなポイントを意識していました。
 
・4歩ほど約3mで、やや狭め 
・帰塁の意識が高い 
・一度リードしたら、その場所(土)を削って印をつける
・リードの重心は左右ほぼ均等 
 
・スタートと帰塁どちらも素早く動作する練習を重ねた
・腰を落とした低い姿勢を保ち、動作が速くした
・投球かけん制か、投手のクセを盗む 自分の試合をビデオ撮影していて、相手投手のクセに気付いたのがきっかけ
(この件については、こちらのコンテンツをご覧ください)
 
・癖の研究のため、200人の投手を撮影して記録した
・(ちなみに)東尾修投手は走りやすかった 左肩やあごの動きに癖があったため また鈴木啓示投手もけん制の際にはわかりやすい癖があった
 
・福本氏は投手の癖を把握していたため、大きなリードは必要なかった
 
 
「リード」のまとめとして、福本氏は以下のように語っています。
 
・自分のリズムでランナーになる
用意を早くする ある程度自分の距離に出ておいて、「いらっしゃい!」と構える
「けん制させなきゃダメ」
・投手「自分の癖が見抜かれてるのでは?」と考えさせるのは大事 目に見えないプレッシャーをかける

福本豊のリード
1 リードの幅は四歩ほど。左右対称に構えて、走る時も帰る時も上体は起こさない。
 
2 自分のリズムに投手を引き込み、いらっしゃいというスタイルでけん制をさせる。

次のページに続きます。
 

走塁革命 屋鋪要の実践走塁術
走塁上達本
走塁ランナーコーチ上達革命
 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す