広陵・中村奨成捕手の”賢さ” リードで重要なこと

2017年夏の甲子園でホームランを連発し(大会記録となる6本塁打)大きな話題となった広陵・中村奨成(しょうせい)捕手が注目されるのは、そのバッティングセンスだけではありません。
 
120mを投げる強肩に加え、捕手としてのフィールディングは
 
「まるでショートの選手がキャッチャーをやっているように見える」
 
とまで評される巧みさてす。
 
(このコンテンツは雑誌「週刊文春」2017年8/31号158~159ページを参考にしています)
 

そしてスポーツジャーナリストの安倍昌彦氏が強調するのは、中村選手の”賢さ”です。

インタビューの時、逆に私を質問攻めにしてきたんです。
 
「リードがもっと上手になりたいんです」というので「リードで重要なのは何だと思う?」と聞き返すと「配球です」と言う。
 
もちろん配球も大切ですが、キャッチャーは選手の心理を読むことが一番大切。
 
「朝最初にピッチャーの顔を見たときに何を感じるか、だと思うよ」と言ったら、「あ・・・はい!」とすぐ言わんとすることが分かる。
 
身体能力だけでなく、”首から上の能力”が非常に高い。プロでも十二分にやれる素材と見ています。

歴代の名捕手と呼ばれる選手たちは、いずれも卓越した頭脳を持っていました。中村選手はすでにその片鱗を見せているといえそうです。
 
加えてバッティングセンスも兼ね備えているとなれば、まさに逸材であり、将来どれほどのキャッチャーになるか楽しみです。


キャッチャー上達のためのDVD!
キャッチ、スロー、サインの出し方など
試合に勝てる捕手になる方法がわかります
参考動画はこちらから!
↓ ↓ ↓ ↓
catcher-ikusei
野球キャッチャー育成プログラム
元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦監修
 
サンプル動画 or 画像・実践者の体験談あります!
↓ ↓ ↓ ↓
前田幸長の強豪チームの作り方 DVD3枚組 サンプル画像あり
軟式野球の兵法 少年野球や草野球のあらゆる戦術、作戦、必勝法を網羅
一塁・三塁 ランナーコーチ上達革命 実戦向け走塁上達法 サンプル動画あり
野球バッテリー上達革命 精度を高める投内連携
内野守備・上達革命 元西武・楽天 内野守備コーチ清家政和 監修
野球ノック上達革命~ミスターロッテ初芝清 監修~  

コメントを残す