左投手はスカウトが難しい 片岡宏雄さん

名スカウトとして知られた片岡宏雄さんは、あるタイプのピッチャーを「ミラクルピッチャー」と呼んでいたそうです。
 
「ボールは速くないし、鋭い変化球を持っているわけではないが、なぜか打たれない」投手のことです。

この「打てそうで打てない」タイプは左腕投手に多いそうです。
 
また片岡さんによると、左腕をスカウトするのはとても難しく、前評判は高くても、実際には戦力にならない選手の方が圧倒的に多かったそうです。
 
 
一か八かで指名して、実際に投げてみるまで評価がわからないため、片岡さんは「左ピッチャーだけは本当にわからない」と痛感しています。
 
佐々岡投手投球指導DVD 「打たれにくい」ピッチングを習得する

ダルビッシュ投手が田中投手に伝授 体幹で投げるストレート

最近はなにかと話題になっている「体幹」。
 
ピッチングでも、体幹を意識すると球の性質がグッと良くなるとされています。
 
東京スポーツ新聞から、関連記事を紹介します。

北京五輪期間中、田中は、プロに入ってから一番の悩みを克服していた。
 
野村監督に何度となく指摘されていた「直球の質」について、ダルビッシュから受けたアドバイスが大いに参考になったという。
 
「北京でダルさんから体幹(体の中心)を意識して投げることと、股関節の動かし方を教わったんです。これまで体幹を意識したことなんて一度もなかったので。それを始めてからストレートの質が変わったんです。」
 
練習中、ダルビッシュに下腹部を押さえられ、体を動かしている田中の姿が目撃されていたが、その効果は5回無失点に抑えた8月20日、1次リーグの米国戦でいきなり表れた。
 
「今まで直球を打たれて、変化球で空振りさせたり打ち取っていたのが、あれをきっかけに逆になった。直球が打たれない。空振りもとれるようになった」
 
ダルビッシュのような伸びのある直球に変身したという。
 
(中略)
 
(楽天首脳陣は)
「下腹部への意識や股関節の位置、動き方をしっかり確認できるよう、トレーニングを鏡の前でやらせているが、正確に把握するには下半身は何も着ないほうがいい。
 
トレーニング室でフリチンは恥ずかしいかもしれないが、やるに越したことはない」

体幹の具体的な使い方はこの記事ではわかりませんが、ピッチャーであれば体幹を意識する必要があることはわかります。
 
抜群の安定感を生む 自宅で股関節トレ「佐々岡真司流ピッチングの極意」
股関節をぶつけるイメージ・自宅トレ「佐々岡真司流ピッチングの極意」
股関節を柔軟にして動き改善「ピッチング・スピードアッププログラム」
 
制球がみるみる向上!重心移動と股関節動作「野球ピッチャー上達革命」
痛くないストレッチで股関節を柔軟に「川口和久の“右脳的ピッチング術”」
故障の原因・股関節の柔軟性「投手パフォーマンスライン」
 
しっかりした体幹を作る「ピッチング・スピードアッププログラム」
投球を鋭くする体幹のひねり「川口和久の“右脳的ピッチング術”」
野球障害を防ぐ体幹トレーニング「投手パフォーマンスライン」
少年期に絶対習得したい体幹トレ「投手パフォーマンスライン」
 

コメントを残す