仙台育英高校からドラフトでプロ野球ヤクルトへの入団が決まった佐藤由規投手は、07年夏の甲子園では大会史上最速の155kmをマークし、世間を驚かせました。
 
07年9月の日米野球では何と157kmをマークしており、これは自己最速記録だそうです。

佐藤由規投手の懸念 右ひじの位置

とかく話題になる球の速さだけでなく、プロのスカウトの間ではスライダーの切れを評価する声が高いようです。
 
加えて終盤でも球速が衰えないスタミナを持っているとくれば、07年ドラフト最大の目玉のひとつにならないわけがありません。
 
体はそれほど大きいわけではないのですが(179cm 75kg)、松坂、田中、ダルビッシュといった投手にも劣らない活躍が期待されています。
 
そんな佐藤投手の投球で気になる点として、「投球の際に右ひじの位置が低いこと」が挙げられています。
 
これでは投球に角度がつかないため、打者から見極められやすいといわれています。
 
夏の甲子園の二回戦で智弁学園に敗れたのも、右腕の角度が足りず、三振を思ったほど取れなかったからだという指摘もあります。
 
この弱点が克服できたとき、佐藤投手がどれほどの投球をするのか楽しみです。とりあえずケガだけはしないよう願いたいものです。
 
ちなみに佐藤投手は本来左利きなのだそうです。

野村監督・上原投手のピッチングに関する言葉 原点能力

以前にテレビで見た、野村監督と上原投手の言葉を紹介します。ピッチングの心得を説いたものです。
 
まずは短いですが、上原投手の言葉から。
 
「投げてボールがキャッチャーミットに入った時点で、次のボールのことをイメージしている」
 

 
次に野村監督の言葉を。
野村監督が選手を見る際には「原点能力」と呼ぶ能力に注目しています。
 
野村監督は「その原点能力を何%持っているかが大事。60%くらいは持っていないとね」と考えています。
 
投手の場合の原点能力は「外角の直球のコントロール」です。
 
投手に限らず、野村監督は選手に「変われ」とアドバイスします。

球種を一つ増やすとか投げ方を変えるとか。上から投げてダメならスリークオーターにするとか、それでもダメならサイド、そしてアンダースローとある。
 
変わらなければムダに一年を過ごし、結果も変わらない。