アメリカのドーピング罰則 ブレイザー氏のエンドラン

米国では02年の9月に、米大リーグと選手会がドーピング検査を実施することで合意しました。
 
当初は最初の違反には罰則が無く、5度目の違反でやっと1年の出場停止になるという罰則の軽い規定でした。
 

しかし世論の批判などを受けて年々罰則が厳しくなり、現在では最初の違反で50試合、2度目では100試合の出場停止処分、3度目では永久追放という処分が下されます。
(一部薬物で異なります)
 
 
07年8月現在では、これまでに日本人選手も2人出場停止処分を受けています。
 
05年に2Aの養父鉄投手が15試合、06年4月には3Aの入来祐作投手(使用薬物名は不明)が50試合の出場停止処分を受けました。


うっかりドーピング防止マニュアル
図解入門 よくわかるドーピングの検査と実際
スポーツ現場で知っておきたい薬の話 TJ Special File
争うは本意ならねど ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール

南海ホークスブレイザーコーチのエンドラン成功術

ドン・ブレイザー氏は、南海ホークスで1970年から監督を勤めていた野村克也監督の下、ヘッドコーチに就任しました。
 
 
三塁ベースコーチだったブレイザー氏はヒットエンドランを得意としていました。
 
一塁にランナーがいる場合は、エンドランのブロックサイン後、打者にセカンド方向かショート方向のいずれかにゴロを打つよう続けてサインを出すのです。
 
 
仮にそれがボテボテのゴロであっても、ブレイザー氏のサイン通りの方向であればヒットになりました。
 
 
その秘密は一塁走者がスタートを切った際、二塁ベースカバーに入るのがセカンドなのかショートなのかを見極めていたからです。
 
つまりベースカバーに入る側はがら空きになるので、ゴロであってもヒットになるわけです。
 
ブレイザー氏は、二塁ベースカバーに入るのがセカンドかショートかを観察し、入るほうにゴロを打つようサインを出していたのです。
 
 
相手の守備を観察するため、ブレイザー氏は一塁走者に「擬似スタート」を切らせることもありました。投球と同時にランナーを2~3歩走らせてはストップさせるのです。
 
それでセカンドとショートのどちらが二塁ベースに入るかを観察する、というわけです。
 
ランナーコーチのためのDVD
走塁技術のレベルアップにはこのトレーニングを!
サンプル動画もあります!
↓ ↓ クリック ↓ ↓
souruicoach
走塁ランナーコーチ上達革命
1点を争う場面での正確な判断力を養う
試合を想定した走塁技術の上達法


ジュニア野球 考えて上手くなる 練習メニュー
考える力を伸ばす! ジュニア野球「投手・捕手」練習メニュー150
考える力を伸ばす! ジュニア野球打撃・走塁練習メニュー150
少年野球で、子どもをグングン伸ばす47の教え

コメントを残す