ソフトバンクの和田投手はこれまでにいくつかユニークなトレーニングを行っています。
 
主なものを紹介します。

・アーチェリートレーニング
マウンドでの投球と同じように、約18m先の的に向かって矢を放つトレーニングです。
 
「肩甲骨の使い方など、投球動作と同じ動きがある。しかも集中しないと当たらない」そうで、集中力・精神力といったメンタル面も強化されます。
 
 
サッカーのDVDを見る
サッカーのスーパースター、ロベルトカルロス選手のゴールシーンを集めたDVDをくり返し見ています。
 
これも集中力を養うねらいがあり、土橋トレーナーは「フリーキックを蹴る時のロベカルの集中力はすごいですからね。見て何かを学べれば」と語っています。
 
 
トレーナーから指示された本を読み、感想文を書く
経営学など、多岐にわたる本をよみ、400字ほどの感想文をまとめるのです。
 
書いた感想文を添削してもらうことで、頭脳を鍛えています。
 
 
大学入試センター試験を受ける
これも頭脳の強化が目的です。
 
 
和田投手は07年8月に入団から5年連続2桁勝利を手にしています。一風変わったトレーニングでもちゃんと効果は表れていると言えそうです。