福留選手・堂上選手の動体視力

ソフトバンクの和田投手はこれまでにいくつかユニークなトレーニングを行っています。
 
主なものを紹介します。
 

アーチェリートレーニング
マウンドでの投球と同じように、約18m先の的に向かって矢を放つトレーニングです。
 
「肩甲骨の使い方など、投球動作と同じ動きがある。しかも集中しないと当たらない」そうで、集中力・精神力といったメンタル面も強化されます。
 
 
サッカーのDVDを見る
サッカーのスーパースター、ロベルトカルロス選手のゴールシーンを集めたDVDをくり返し見ています。
 
これも集中力を養うねらいがあり、土橋トレーナーは「フリーキックを蹴る時のロベカルの集中力はすごいですからね。見て何かを学べれば」と語っています。
 
 
トレーナーから指示された本を読み、感想文を書く
経営学など、多岐にわたる本をよみ、400字ほどの感想文をまとめるのです。
 
書いた感想文を添削してもらうことで、頭脳を鍛えています。
 
 
大学入試センター試験を受ける
これも頭脳の強化が目的です。
 
 
和田投手は07年8月に入団から5年連続2桁勝利を手にしています。一風変わったトレーニングでもちゃんと効果は表れていると言えそうです。


ピッチング・スピードアッププログラム
佐々岡真司流ピッチングの極意 前田健太投手の推薦文あり
高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD
元近鉄・山崎慎太郎の「ピッチング上達メソッド」

中日ルーキー堂上選手の良すぎる動体視力と福留選手の正対視

中日の堂上選手は、球界でもトップレベルの動体視力を持っています。
 
 
動いているものがどれだけ静止に近い状態で見られるかを示す数値は、89%にも上ります。一般的な動体視力は80~85%が最高とされているため、堂上選手がいかにすごいかがわかります。
 
 
しかし良いことばかりでもないようで、堂上選手は利き目である左目の動体視力が強すぎるそうです。
 
これだと、右打者の堂上選手はインコースのさばきは抜群ですが、外角に逃げるスライダーなどは右目で無理して追ってしまう傾向が出やすいのだとか。
 
このままでは外角攻めに手も足も出ないことが考えられますが、同じチームの福留選手が良い手本になりそうです。
 
 
福留選手は、動体視力値95%(!!)という驚異の目を持っています。
 
そんな福留選手は打席で一度、必ず顔を正対させるよう心がけているのです。
 
 
専門家の指摘では、これはとても理にかなっており、堂上選手も顔を正対させるようにしてできるだけ右目を使うと良いとのこと。


野球の眼力トレーニング―「見るチカラ」を鍛える!
「見るチカラ」をつけてうまくなる スポーツビジョントレーニングとその実践: 動画で解るシャッターゴーグルを使ったトレーニング法
野手のための筋力と眼のトレーニング
動体視力トレーニンググラス「プライマリー」3MJ-04SS-CB

コメントを残す