広島カープ 菊池涼介選手 驚異の身体能力を示すエピソード 守備範囲と盗・走塁

広島カープ2年目(2014年時点)の二塁手・菊池涼介選手は、「異常」と呼ばれるほどの身体能力を持ち、「動く範囲と量がケタ違い」と評されます。
 
もっとも象徴的なのは、マツダスタジアムのライト前の天然芝が禿げていることです。
 
菊池選手はセカンドとライトの間に落ちる当たりもしばしばダイビングキャッチし、ライトが取るべき打球にも追いついてしまうのです。

2014年4月24日のヤクルト戦でも、菊池選手は驚くべきプレーを見せます。
 
菊池選手を一塁に置いた場面で、バッターの打球はサードフェンス際のファールフライ。三塁手はフライは難なく捕球したものの、一瞬足元に気をとられます。
 
菊池選手はその一瞬のスキを見逃さず、セカンドへタッチアップ。三塁手は慌ててセカンドに送球するも、判定は余裕のセーフ。
 
球場のお客さんは何が起きたのか一瞬理解できませんでしたが、すぐにどよめきが起きました。
 
走塁ランナーコーチ上達革命
一塁、三塁ベースコーチ上達のための教材です。

菊池選手は今でこそチームでも1、2を争うほど注目を集めていますが、入団前から目立っていたわけでは決してありません。出身校は高校、大学ともに無名で、全く知られていません。
 
チームのスカウトによると、菊池選手を見出したのは「ほとんど偶然」なのだそうです。
 
知り合いから「とんでもない奴がいる」と話を聞き見に行ったところ、菊池選手はスカウトの度肝を抜く身体能力を見せつけます。
 
三塁への盗塁を試みてスライディングするも、タイミングは完全にアウト。
 
すると菊池選手はスライディングを途中で止め、なんとジャンプしてタッチをかわしてしまうのです。
 
 
野球では知られていない高校でプレーしていたため、いわゆる「野球のテクニック」を叩きこまれる機会は少なかったそうです。
 
素晴らしい身体能力を持っていながら、盗塁数が少なかったのも、単に「走るタイミングを知らなかったから」なのだとか。
 
しかし現在は、プロの練習でそのテクニックを日々吸収しています。
 
 
「史上最高」とまで称される身体能力にテクニック・経験が加われば、まさに鬼に金棒。広島カープだけでなく、日本の野球界を背負う逸材となるのは間違いないでしょう。
 
このコンテンツは雑誌「週刊現代」2014年6/7号68ページを参考にしました。
 
当コンテンツで参考にさせて頂いた「週刊現代」や菊池選手に関する本・菊池選手の著書などは野球フィジカル・菊池涼介選手関連コンテンツにまとめています。
 

 

同カテゴリの最新記事

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す