松井秀喜選手・谷佳知選手のバッティング 感覚と意識

松井秀喜選手・谷佳知選手のバッティングに関する話題を紹介します。
 
打撃における「感覚」についてのコメントや、考え方です。
 

松井選手「絶好調で結果が出るとは限らない」

松井選手は、安打やホームランを量産するようになってもなかなか「絶好調宣言」をしません。
 
松井選手は
 
「絶好調イコール結果が必ず出ている時とは限らない」
 
と語っています。
 
 
それでは絶好調とはどんな状態なのでしょうか?
 
「本当の絶好調の時は、すべての打席でシンでとらえられるような感覚があると思う」
 
と松井選手は語っており、これまで実際に経験しているそうです。
 
「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治氏が、絶好調時には「ボールが止まって見える」と語ったのはあまりにも有名です。
 
松井選手も川上氏と似たように感じることがあるということでしょうか。
 

谷佳知選手がバッティングで意識していること

巨人に移籍後、谷佳知選手は猛打賞を複数回マークするなど好調を保っています。
 
セリーグに移籍して一年目でいきなり波に乗った谷選手の打撃成功の秘訣は、かなり意外なものです。
 
 
その秘訣とは
 
「どの投手がきてもやることは同じ。センター返しを心がけているだけ」
 
というもの。
特定の投手について対策はしていないのです。
 
 
巨人の首脳陣も「谷の相手投手に対する適応能力がすごいのは、基本だけを守って自分のスタイルで打っているから」と考えています。
 
あまり細かいことを考えすぎて悩むよりは、シンプルな方針のほうが良い、ということでしょうか。
 
「子供にはフォームを教えてはいけない」とは?
プレー中の感覚を養う!榊原貴之コーチの打撃・守備上達プログラム
サンプル動画はこちらから
↓ ↓ クリック ↓ ↓
tateburishiki-hikaku
やるだけでグングン上達!「縦振り式」練習ドリル
DVD4枚セット+少年野球Q&ADVDプレゼント!


サンプル動画 or 画像・実践者の体験談あります!
↓ ↓ ↓ ↓
前田幸長の強豪チームの作り方 DVD3枚組 サンプル画像あり
軟式野球の兵法 少年野球や草野球のあらゆる戦術、作戦、必勝法を網羅
一塁・三塁 ランナーコーチ上達革命 実戦向け走塁上達法 サンプル動画あり
野球バッテリー上達革命 精度を高める投内連携
内野守備・上達革命 元西武・楽天 内野守備コーチ清家政和 監修
野球ノック上達革命~ミスターロッテ初芝清 監修~

コメントを残す