篠塚和典さん城島健司選手のバッティングを分析・解説

「すぐマネしたい バッティングトッププレイヤーの技術・守備・走塁」で、篠塚和典さんが城島健司選手のバッティングフォームを解説されています。
 
ポイントとなる部分を抜粋して紹介します。
 
すぐマネしたい バッティング 守備 ・ 走塁 トッププレイヤーの技術
すぐマネしたい バッティング 守備 ・ 走塁 トッププレイヤーの技術 SEIBIDO MOOK
 
(このコンテンツは「すぐマネしたい バッティングトッププレイヤーの技術・守備・走塁」12~13ページを参考にしています)

篠塚さん 城島健司選手のバッティング分析

篠塚さんは城島選手のバッティングについて、このように解説されています。

後ろのカカトが上がっていないのにしっかりと腰を回して力強いスイングができる。城島選手はきっと身体が柔らかいタイプではないでしょうか。
 
また最初の構えは身体の中にあっても、トップの位置が高い場所でしっかりとできています。トップが高いのは上半身が強いからでしょうね。
 
悪球も打ち、崩れた形でもよく打っていますが、それもトップの位置がしっかりできているから対応できるのでしょう。

その他、城島選手のスイングについて篠塚さんが指摘されているポンイトを挙げます。
 
・最初は身体の中にグリップがあってもトップがしっかりとできる
・しっかりと左足でカベができた状態でスイングしている
・ポイントを身体の近くに持ってきている
・重心があまり前に行かないように軸の部分でスイングすることを意識している
 
メジャーリーガーに学ぶバッティング走塁の教科書―メジャー50人に直接取材!!すぐ使える上達のポイント103
メジャーリーガーに学ぶバッティング走塁の教科書―メジャー50人に直接取材!!すぐ使える上達のポイント103 (SEIBIDO MOOK―Ballpark)


守備上達にはどんな練習をすればいいのか?がわかります
川﨑宗則監修 実践守備実演DVD
↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓
munerin-singlehandcatch
 
サンプル動画 or 画像・実践者の体験談あります!
↓ ↓ ↓ ↓
前田幸長の強豪チームの作り方 DVD3枚組 サンプル画像あり
軟式野球の兵法 少年野球や草野球のあらゆる戦術、作戦、必勝法を網羅
一塁・三塁 ランナーコーチ上達革命 実戦向け走塁上達法 サンプル動画あり
野球バッテリー上達革命 精度を高める投内連携
内野守備・上達革命 元西武・楽天 内野守備コーチ清家政和 監修
野球ノック上達革命~ミスターロッテ初芝清 監修~  

コメントを残す