体幹を意識したバッティング 手塚一志さん「Tarzan」の記事

雑誌Tarzan 2012年 6月14日号 No.604は体幹特集でした。
 
スポーツ別の記事もあり、野球のバッティング動作では、オリックスなどでコーチを務めた手塚一志さんが解説されています。
 
Tarzan (ターザン) 2012年 6/14号 [雑誌]
Tarzan (ターザン) 2012年 6/14号 [雑誌]
 
バッティングと体幹の関係について、手塚さんの解説部分だけを抜粋して紹介します。

正しいスイングとは”芯”と”キレ”そして”ムチ”の身のこなしが備わったもの。これを常に意識すればスイングは変わってきます。
 
首の付け根から軸脚の足裏まで通る架空の芯を意識し、骨盤を芯に見立ててキレのある素早い回転動作を行う。その結果、腕がムチのようにしなってボールを捉える。
 
腕を振ろうとすると無意識に力んでしまい、鋭いスイングができません。
 
特に骨盤周りの筋肉は固める鍛え方はNGで、動的ストレッチを重点的に。腹筋運動も捻りを加えるなどして、筋肉の柔軟性を高めることをお忘れなく。

手塚さんの考えをまとめます。
 
・バッティングの始動では、体の中に細長いしなやかな一本の芯を意識できるようになることが大事。
 
・スイング開始時点では、骨盤は左右の腸骨が仙骨を囲っているが、この腸骨をこすり合わせて仙骨をスピンさせるイメージで振るといい 
 
・ボールを打つ時点では骨盤主導で体がキレよく回っていれば、ボールをミートする瞬間、両腕はムチのようにしなりスイングスピードも上がる。芯、キレ、ムチの身のこなしが強い打球を生む。

 
Tarzan 2012年6月14日号104ページより。
 
ターザンの記事は大変わかりやすく、体幹の鍛錬に興味があるなら、一度はチェックする価値があります。
 
イチロー選手帯同トレーナーが教える!
バッティングにおける「タメ」と「カベ」の作り方
↓ ↓ クリック ↓ ↓
powerline-1
松尾祐介のPOWER LINE打法
~「タメ」と「カベ」を作り、飛距離をアップさせる方法~


サンプル動画 or 画像・実践者の体験談あります!
↓ ↓ ↓ ↓
前田幸長の強豪チームの作り方 DVD3枚組 サンプル画像あり
軟式野球の兵法 少年野球や草野球のあらゆる戦術、作戦、必勝法を網羅
一塁・三塁 ランナーコーチ上達革命 実戦向け走塁上達法 サンプル動画あり
野球バッテリー上達革命 精度を高める投内連携
内野守備・上達革命 元西武・楽天 内野守備コーチ清家政和 監修
野球ノック上達革命~ミスターロッテ初芝清 監修~

コメントを残す