稲生賢二選手 イチロー選手を目標に

東海ボーイズから愛工大名電に進学した稲生賢二選手は、侍ジャパンのU-15にも選出された逸材です。
 
「イチロー選手のようになりたい」と語る稲生選手ですが、東海ボーイズに入団したばかりのころはさすがに課題も多かったようです。
 
当時の様子を、チームの杉浦浩監督はこう語ります。

最初のうちはただ振り回しているだけで、左打者なのにライト方向へ強い打球がいかない。
 
左中間やレフト方向にはいい打球が飛ぶんですがね。

そこで監督が指導したのは・・・

そこで、インコースの甘い球をしっかり引き付けてライトオーバーにする、という打撃を覚えさせるようにしました。やはり、それが左打者の醍醐味ですから。

東海ボーイズで3年間杉浦監督の指導を受けた稲生選手は、長打を飛ばすコツをつかみ、反対方向へ巧みにおっつける技術も身につけます。
 
勝負所で右翼への本塁打を放てるまでに成長するのです。
 
このコンテンツは「週刊現代」2017年4/22号161ページを参考にしました。
参考文献はこちらにまとめています。
 
イチロー選手の本
バッティング上達本・DVD
榊原貴之氏監修 「縦振り式」練習ドリルDVD

同カテゴリの最新記事

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す