落合監督のバッティングアドバイスや竹バット

07年オールスター戦で、セ・リーグは落合監督が率いました。
 
中日以外の選手が落合監督から打撃指導を受けるには絶好の機会です。
 

広島の栗原選手は

前々からずっと落合監督の話が聞きたいと思っていた。
 
「もっとバットの重みを感じて最短距離でシンプルにバットを出すんだ。難しく考えてはだめだ!」と教えられました。

そうです。
 
するとオールスター第二戦の2回には左翼線を破る二塁打を放ち、早速結果を出しています。
 
ヤクルトの青木選手も落合監督からアドバイスを受けており、3回にはタイムリーを放っています。
 
三冠王を3度も取っている落合監督からアドバイスを受けたがる気持ちもわかりますが、中日ナインは「他チーム選手の打撃の調子が上がるのはまずい」と複雑な心境のようです。

落合監督のティーバッティング・竹バット使用の勧め

落合監督は現役時代、ティー打撃の際に独特の打ち方をすることがありました。
 
中日球団の井手編成担当によると、落合監督は現役時代のティー打撃でわざとボールの下を叩いて、打球を真上に上げていたそうです。
 
ものすごい集中力が必要で「まさに神技」だったとか。
 
また落合監督は現役時代「バットの芯でボールをとらえる技術を身につけるには、竹バットでフリーバッティングをするのが良い」とも語っています。
 
竹バットの打撃で芯を外してしまうと、何とも言えない衝撃が手に伝わるそうです。
 
(別コンテンツに竹バットや落合博満選手の著書をまとめています)
 
この衝撃を受けないようボールを芯でとらえるクセがつき、打撃技術を向上させるのにもってこいなのです。

7日間スラッガープロジェクトDVDでは、芯でとらえるための素振りや変化球・速球を芯で捉える方法が実演・解説されています。

コメントを残す