谷佳知選手バッティングの特徴やバット・バッティンググローブのこだわり

「すぐマネしたい バッティング 守備 ・ 走塁 トッププレイヤーの技術」で、篠塚和典さんが谷佳知選手の打撃フォームを分析されていました。
 
谷選手のスイングのポイントを一部抜粋し、使用しているバットやバッティンググローブのこだわりなどと併せて紹介します。
 
すぐマネしたい バッティング 守備 ・ 走塁 トッププレイヤーの技術
すぐマネしたい バッティング 守備 ・ 走塁 トッププレイヤーの技術 SEIBIDO MOOK
 
(このコンテンツは「すぐマネしたい バッティング 守備 ・ 走塁 トッププレイヤーの技術」42~45ページを参考にしています。記事中の所属チーム等は当時のものです)
 

谷選手のスイングの特徴

篠塚さんによる、谷選手のスイング評は以下のとおりです。

・構えが良いのでどんなボールが来ても対応して打てる
・トップの位置はしっかり決まっており、トップから振り出すバットの軌道も良い
・基本的に体の前で体重を乗せて飛ばす打ち方 リストも柔らかい
・打った後に後ろ足を引きずるスイングだが、前の足でカベがしっかりできているので力が逃げない

谷選手のバット・グローブ

谷選手のバット
・ミズノ社製
ヘッド部分が重い、典型的なスラッガーバランス。飛距離にこだわり、ヘッドの効いた打撃を助ける。ミートポイントにフシがあるものを選んで使用する。これは、木材ではフシ部分が硬いといわれているため。
 
・全長約86cm
・重量約910g
 
バットを発注する際のポイントは、グリップの感覚が正確なこと。パッと握った時の感覚、ひらめきを大事にしており、少しでも違和感を感じたら、バット職人に削りなおしてもらう。
 
手がむくんだり、マメがなくなったりと手の状態は一定ではなく、バッティングの調子自体も変わります。その変化に対応するため、握りが太いものや細いものなど5種類ほどあります。重さの変化はあまりありません。
 
トッププロに学ぶ野球上達テクニックバッティング (Seibido mook)
トッププロに学ぶ野球上達テクニックバッティング (Seibido mook)
 
谷選手のバッティンググローブ
バッティンググローブは全面革製のタイプを使う。バッティング時に伸びたりするのが嫌なので、布製は使わない。以前、一部布製のグローブを使ったところ、スプレーを塗ったらくっついて取れなくなり、靱帯をケガしたことがある。
 
日によって手になじみにくい日もあるので、頻繁に変える。練習では使い古しを、試合では3試合に1個くらいのペースで新品を使う。
 
前田幸長氏 都筑中央ボーイズ野球指導法DVD 内容紹介


「子供にはフォームを教えてはいけない」とは?
プレー中の感覚を養う!榊原貴之コーチの打撃・守備上達プログラム
サンプル動画はこちらから
↓ ↓ クリック ↓ ↓
tateburishiki-hikaku
やるだけでグングン上達!「縦振り式」練習ドリル
DVD4枚セット+少年野球Q&ADVDプレゼント!

コメントを残す