バッティング城島選手の自己分析と王監督の「ホームランを打つには」

バッティングに関するエピソードを二つ紹介します。
 
まずは大リーグマリナーズ在籍時代の城島選手のエピソードから。
 

マリナーズの城島選手は07年の3月3日、パドレスとのオープン戦に7番で先発しましたが、2打席ノーヒットでした。
 
城島選手が不振の原因を自己分析したところ、
 
「目ではボールをとらえているつもりだけど、下半身の粘りが足りない」
 
との結論に達しました。下半身の粘りが足りないと、思ったようにボールを引きつけてスイングできないのです。
 
 
次に、王監督の「ホームランバッター」についての考え方を。
 
1985年、巨人軍に在籍していた駒田徳広選手は王監督からホームランバッターとして期待されていました。
 
 
そのため王監督は、駒田選手が初球を打ってヒットにしても決して喜ばなかったのです。
 
王監督は次のように言ったそうです。

本当のホームランバッターというのは、ホームランできるボールをしつこく待ち続けるものだ。それじゃ、ホームラン王のタイトルはいつまでたっても取れないぞ。

管理人なりにこの言葉を解釈するなら、
 
「ヒットを打てるボールが初級から来て、それを打ってもヒットしか生まれない。ホームラン王を狙うならヒットで妥協せず、ホームランを狙えるボールをしつこく待て!」
 
ということではないでしょうか。
 
 
いささか厳しい言葉にも聞こえますが、ホームランに対して妥協を許さない王監督の姿勢を良く表しているとも言えそうです。
 
サイト内コンテンツ
少年野球をさせるレベルアップさせる!「縦振り式」指導法


プロ野球打者の共通フォーム&習得法 バッター注目!プロみたいに打てる!
最速上達バッティング
バッティングバイブル 剛柔自在のスイングが身につく!
バッティングバイブル テクニック編

コメントを残す