王監督の打撃指導と大橋未歩アナが見た 超一流の打撃練習

07年4月25日、熊本で予定されていたソフトバンク対西武戦は中止になってしまいました。
 
雨がやむのを待つベンチで、思いがけないことが始まりました。
 
王監督がバットを手に、打撃について語り始めたのです。

今期王監督は、選手の指導を秋山総合コーチや新井打撃コーチにほとんど任せています。練習で王監督が直接指導する機会は少なくなっているのです。
 
そんなとき、ベンチで始まった突然の王監督直伝の「打撃講義」。これには選手も大喜び。
 
的場選手は「腕をしならせて、ムチのように手を使うように」と言われたそうです。
 
王監督の講義は試合中止が決まる18時20分まで続きました。
 
その後ソフトバンクは連勝を続けています。思いがけない臨時講義の効果は間違いなくあったようです。

大橋未歩アナが見た 超一流のバッティング練習

テレビ東京の大橋未歩アナウンサーがプロ野球の取材をしていた際、一流と呼ばれるある打者の練習を目にしました。そこで聞いた話を、大橋アナは忘れることができないそうです。
 
その選手は一流と呼ばれるようになっても秋季練習に欠かさず参加し、バットを振り続けます。
 
長いこと打撃練習を続けると手の皮がむけてきますが、その選手によるとそこからが「本番」になります。
 
手の皮がむけてもバットを振り続けると手のひらの神経がマヒして、痛みを感じなくなります。するとそこからまた余計に練習ができるのだそうです。
 
 
なんともすさまじい話です。
 
いわば「一流の結果を出すための超一流の練習」を大橋アナは目撃したわけです。
 
バットでとらえるための素振りとは(7日間スラッガー養成プロジェクト)
素振りオタクが陥りやすい?素振りで最も注意すべきこと(栗嶋流!2週間で最強バッターになるシークレットマニュアル)
 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す