スランプ克服・脱出のための声かけ 伊勢孝夫さん

野球に限らず、スポーツには成績の好不調が必ずあるものです。
 
快進撃が永遠に続くわけでありませんし、脱出できない連敗もありません。
 
勝っているときは良いとして、チームが調子を落とした時の備えには、何を心がければ良いのでしょうか?

スランプから抜け出すための励ましやアドバイスの例をひとつ紹介します。
 
東京スポーツ新聞のコラムによると、伊勢孝夫さんは次のように考えています。

今はみんな好調でも、そういうときは一斉に調子が悪くなるもの。
 
今のうちに「走り込みをしておけ」「逆方向にも打っておけ」といった指示を選手に出しておくと、不調の際の立ち直りも早くなる。そういった準備ができていれば失速することなくシーズンを戦える。

調子が落ちてから対策を考えるのではなく、好調なうちから気をつけておくのが大事ということでしょうか。
 
平成22年4月7日 東京スポーツ新聞のコラム「IDアナライザー伊勢孝夫」を参考にしました。
 
プロが知っているバッティングのスランプを克服する7つのポイント
(7日間スラッガー養成プロジェクト)
 
スランプにならないための「絶対的理論」
(栗嶋流!2週間で最強バッターになるシークレットマニュアル)

高橋昭雄 東洋大監督 プロで成功する選手 週刊現代の記事

週刊現代の2011年10月8日号に、
 
 
名将・高橋昭雄東洋大学監督が明かす プロ野球で「成功するヤツ」「失敗するヤツ」の生活習慣
 
 
という特集がありました。
 
高橋監督の発言のポイントを箇条書きにまとめます。

■高橋監督がみた学生の中でも、才能が抜群だったのは落合博満・現中日ドラゴンズ監督
 
■落合選手が三冠王になったのは、才能もさることながら本人が心底野球を好きだったから 一流になるには、その気持ちを忘れないこと
 
■プロ野球選手になっても、3年やってダメならあきらめるべき 3年で芽が出なければ、それはプロとしての実力が無い
 
■性格が優しい選手は、プロで伸び悩む傾向がある
 
■逆にプロに向いているのは、鼻柱が強く、ハングリー精神をもっている選手 図太さ、負けじ魂のある選手
 
 
■技術的に伸びる選手かどうか、高橋監督のチェックポイント
・打者であれば、球を遠くに飛ばせるか フライを打てるかどうか 打球がゴロになる選手はダメ
 
・投手の場合、たとえ球が遅くても曲がるカーブが投げられるだけの手首の軟らかさを持っているかどうか
 
・また、マウンドでしっかり足が上がって、腕が振れているなら、「いろいろ教えて鍛えてみようという気持ちになる」
 
 
■道具を大切にしなければダメ スパイクを磨かずに練習に来るような生徒は、それだけでお断り
 
■言葉使いも人選の重要なポイント 問いかけにちゃんと「ハイ」と返事ができるかどうか 練習に真摯に取り組める選手は、道具や言葉遣いに人間が表れる
 
■部員には「正義感」を求める これは「他人にも自分にも迷惑をかけない」こと

ちなみに東洋大学では、ミーティングはありません。1対1の指導も無く、指導は全員の前で行われます。
 
共有しないと、個人の技術は伸びてもチームとしての力にならない、と高橋監督が考えているからです。
 
maeda-kodomotachitonoaidanikabe前田幸長氏の少年野球監督法「強豪チームの作り方
子供が自発的に練習し、チームがどんどん強くなる方法も
選手の潜在能力を引き出す適正ポジションの見分け方
競争意識を自然に生みだし、いつの間にかチームを強くする方法
3種類の独自バッティング練習でチーム全員の打率を上げる!

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す