大阪桐蔭 西谷監督のスカウト術 「とにかく通う」

西谷監督のスカウト活動のキモは、「とにかく選手のもとに通う」ことにあります。
 
前のページ 大阪桐蔭のバッティング指導法など
 
とはいえ、社会科の先生でもある西谷監督がスカウト活動にあてられる時間は、基本的に土曜日だけです。
 

しかも、その土曜日も午後からは練習があるので、ノックが始まる午後二時までにはグラウンドに戻ってこなければいけません。
 
中谷監督のフットワークの軽さは、中田翔選手を獲得した際も発揮されています。
 
 
中田選手が所属していたチームは広島にありました。そのため、監督は大阪から広島までなんと合計五十回ほど通っているのです。
 
金曜日の終電で広島へ移動し、ビジネスホテルに一泊し、翌日は早朝から中田選手を見て、午前11時広島発の新幹線で大阪へ戻りました。

このコンテンツは雑誌 週刊文春 2015年 7/30 号 [雑誌] 137~139ページを参考にしました。
 
キャッチャーフライも思いのまま!
自在にノックを打つための秘訣を大公開!
内容詳細・参考動画はこちらから。
↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓
knock-joutatsu1
野球ノック上達革命~ミスターロッテ初芝清 監修~
ノックに特化した 指導者のための上達法


人を見抜く、人を口説く、人を活かす プロ野球スカウトの着眼点
惚れる力 ― カープ一筋50年。苑田スカウトの仕事術
プロ野球スカウトが教える 一流になる選手 消える選手 (祥伝社黄金文庫)

コメントを残す