イチロー選手 守備・打撃での考えの一端

イチロー選手の守備およびバッティングに関する記事を二つ紹介します。
 
短い記事ですが、イチロー選手の考え方の一端が理解できるのではないでしょうか。
 

イチロー選手 フライのキャッチで難しいのは?

06年8月25日の試合でもイチロー選手は好捕を連発しました。
 
初回はジオンビー、5回にはアブレイユ両選手の飛球をランニングキャッチ。
 
7回には先頭打者グリーン選手の中越え長打かと思われる当たりを背走しながらの好捕。
 
 
この試合で捕った3つの飛球の中で最も難易度が高かったのはこの打球だったそうで「(ボールが)真後ろだったからね。追っている間にどちらかにずれてほしかったけどね」との感想。
 
 
今期センターでは4度目の先発でしたが、ライトと全く変わらぬ華麗な守備を披露しました。

イチロー選手の打席での意識

イチロー選手は07年の6月10日(現地時間)、パドレス戦での7回、二死満塁で打席に立ちました。
 
イチロー選手は、パドレス先発のヤング投手がカウント1-3から投じた速球に対して左手をかぶせるようにスイングし、ハーフライナーでセンター前に運んでタイムリーを記録しました。
 
外角ギリギリの球でしたが、失敗を恐れず手を出して同点打を生んだのです。
 
 
イチロー選手がその時考えていたことは

野球をやる上で、何かを『やってはいけない』という考え方は僕にはない。
 
あの打席の場合、あのカウントで「ボール球に手を出さないように」という意識があったなら、最後の球は(振り遅れて)ファウルになっている。

だったそうです。
 


「子供にはフォームを教えてはいけない」とは?
プレー中の感覚を養う!榊原貴之コーチの打撃・守備上達プログラム
サンプル動画はこちらから
↓ ↓ クリック ↓ ↓
tateburishiki-hikaku
やるだけでグングン上達!「縦振り式」練習ドリル
DVD4枚セット+少年野球Q&ADVDプレゼント!
 
サンプル動画 or 画像・実践者体験談あります!
↓ ↓ クリック ↓ ↓
元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 キャッチャー育成プログラム
梅原伸宏グラブマネジメント正しいグラブの形とは?守備力向上プログラム
内野守備・上達革命 元西武・楽天 内野守備コーチ清家政和 監修
野球ノック上達革命 ノックに特化した指導者向け上達法 初芝清 監修
教科書には書けない野球動作 ケガをしない身体の使い方
組島流 キャッチャー育成パッケージ ソフトボール

コメントを残す