ボールを見ないで補球の練習?イチロー選手

2010年7月22日、マリナーズのイチロー選手はレッドソックス戦に出場し、レ軍の主砲オルティス選手のホームラン性の大飛球をフェンス際でスーパーキャッチしました。
 
このプレーの様子を、平成22年7月24日の東京スポーツ新聞が記事にしています。

以下引用

イチローは素早くフェンス際まで達すると、飛び上がって頭の後ろで左手を伸ばして打球をつかみ取った。補球と同時にフェンスに激突し倒れ込んだイチローは
 
「(体の動きなどを)計算する余裕はない。意図的に何かをやるような余裕はなかった」
 
だが、普段からボールを見ないで補球する練習を習慣づけていることが本番で生きた。
 
オルティスの打球は滞空時間が短かった。そのため1歩目、ボールを追う角度、ジャンプのタイミングなど、すべての動きが完璧でもギリギリのプレーになった。

 
「ボールを見ないで補球する練習」が具体的にどういうものかわかりませんが、飛球の角度や軌道から落下点を素早く予測し、そこにグローブを持っていく練習であろうとは推測できます。
 
落下点に最速で移動するには、記事のイチロー選手のように捕球するまでボールを見られないケースもあるのでしょう。
 
ノックの仕方を変えるだけで、守備力はアップする
素早い送球にかかせない、このグラブさばき
前田幸長氏の少年野球監督・指導法「強豪チームの作り方」より

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す