ダブルプレーでショートの落球を防ぐには 本西厚博さん

ショートゴロでダブルプレー!まずはセカンドへ送球!という場面でショートが落球してしまう、というケースは多いものです。
 
一気に二死のはずが大ピンチになってしまうこのミスは絶対に防がなくてはいけません。
 
「すぐマネしたい バッティング 守備・走塁トッププレイヤーの技術」で本西厚博さんが、ショートゴロ・セカンド封殺での落球を防ぐコツを解説されていました。
 
ポイントをまとめて紹介します。
 
(このコンテンツは「すぐマネしたい バッティング 守備・走塁 トッププレイヤーの技術」110~113ページを参考にしています)

セカンド封殺での落球を防止する秘訣と心がけ

本西さんは、まず確実に捕球するよう強調しています。
 
当たり前のことのようですが、こういう場面では「ダブルプレーを取りたい」とアセり、速く送球する気持ちが先に立ってしまいがちになります。
 
すると打球から目が早く切れて捕球がおろそかになり、落球を招いてしまうのです。
 
ダブルプレーを狙わず、「最悪でもひとつアウトを取る」という気持ちで、まずは確実に捕球します。
 
そしてセカンドを見て、いけそうならもちろんそのまま送球。間に合わなければファーストへ投げ、アウトカウントを確実に増やしましょう。
 
「確実に捕球を」といっても、内野ゴロは打球を待って捕るのではなく、常に前に出てチャレンジしていく姿勢が大切です。
 
待っていては、イレギュラーした時の変化についていけず、後逸してしまうこともありえます。
 
中日ドラゴンズなどで活躍し、ゴールデングラブ賞を7度も獲得している井端弘和内野手も、「ゴロはショートバウンドで捕るのが大事」としています。ショートバウンドは最も変化が少なく、安定して捕球できるからです。
 
 
内野守備技術向上に特化した教材です!
↓ ↓ ↓
内野守備上達革命
※ダブルプレーの時にランナーに目が行って、いつも落球してしまう選手の苦手克服法
※併殺時の落球を防ぐためにやるべきこと、○○を守る
などが解説されています。
 
元西武・楽天 内野守備コーチ・清家政和氏監修のDVD教材です。
 

 

 

同カテゴリの最新記事

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す