高橋由伸選手のバット

「すぐマネしたい バッティング 守備 ・ 走塁 トッププレイヤーの技術」に、高橋由伸選手のバットについての解説がありました。
 
すぐマネしたい バッティング 守備 ・ 走塁 トッププレイヤーの技術
すぐマネしたい バッティング 守備 ・ 走塁 トッププレイヤーの技術 SEIBIDO MOOK
 
高橋選手のバットの特徴がわかります。以下に各種データ等を紹介します。
 
(このコンテンツは「すぐマネしたい バッティング 守備 ・ 走塁 トッププレイヤーの技術」24~25ページを参考にしています。記事中の所属チーム等は当時のものです)

高橋由伸選手使用バットの特徴

高橋選手は、スラッガーとアベレージヒッターの中間モデルのバットを使っています。ヘッドの位置が工夫され、バットを上手く振り抜けるのが特性があります。
 
全長:約86cm
重量:約925g
材質:メープル(カエデ)
 
 
長距離型でも、アベレージ型でもない、ちょうどのその中間タイプ。素材は、反発力が高いメープルです。
 
バットのメーカーはSSKで、高橋選手は「SSK社製のバットはずっと使っており、感触が良い」としています。
 
シーズンオフにバット工場で実際に握りながらオーダーすることもあります。技術・筋力ともに進化しているため、バットも少しずつ変わっています。
 
 
高橋由伸選手関連アイテム
Amazon
楽天市場
ヤフーショッピング
 


「子供にはフォームを教えてはいけない」とは?
プレー中の感覚を養う!榊原貴之コーチの打撃・守備上達プログラム
サンプル動画はこちらから
↓ ↓ クリック ↓ ↓
tateburishiki-hikaku
やるだけでグングン上達!「縦振り式」練習ドリル
DVD4枚セット+少年野球Q&ADVDプレゼント!

コメントを残す