軟式野球ノック練習 ピッチングの基本メニュー

常葉学園橘(とこはがくえんたちばな)の野球部は中・高とも全国大会の常連です。
 
常葉学園橘中学校 軟式野球部練習プログラムDVD
 
2006年 全国中学校軟式野球大会出場
2007年 全日本少年軟式野球大会出場 3位
2009年 第91回全国高等学校野球選手権大会に出場
2010年 全日本少年春季軟式野球大会出場 準優勝
2010年 第92回全国高等学校野球選手権大会に出場
2010年 全国中学校軟式野球大会で優勝
2012年 第94回全国高等学校野球選手権大会に出場
 
 
2010年の大会では逆転勝ち、サヨナラ勝ちを経て全ての試合を1点差で制し、優勝します。
 
 
常葉学園のこの粘り強さは、どのような練習によってもたらされているのでしょうか?
 
 
このDVDは、橘中学校の打撃・守備・走塁および選手同士の意志疎通など、プレー全般における練習メニューを解説しています。
 
内容の概略を画像と共に紹介します。
 
■指導編
・アップ
股関節・肩関節などの可動域を広げるアップ法。
守備・走塁の動作を取り入れたランニングメニューなど。
 
 
・キャッチボール
試合で必要なタッチワークの基本などを意識する。
50mライナーや塁間の送球を想定した4人でのキャッチボール。
 
常葉学園橘軟式野球部 キャッチボール練習法
 
 
・シートノック
内野・外野ともプレー中の基本と応用の反復確認。
ポジションごとにテンポを速くし、スピードと精度アップを狙う。
 
常葉学園橘軟式野球部 ノック練習法
 
■実戦練習編
・シミュレーション・ノック
ランナーがいると想定しての内野ノック。
次の塁への対応予測、バックアップなどのチェックを選手で行う。
不利な状況ほど攻撃的な守備を徹底する。
 
常葉学園橘軟式野球部 実戦練習
 
 
・ランナー・ノック
上のシミュレーション・ノックに実際のランナーを置く。
走塁と守備の練習を同時に行う。
ランナーは二つ先の塁を常に意識し、守備はランナーの動きを読み素早く送球する。
 
野球 送球を素早くするための練習
 
常葉学園橘軟式野球部 送球練習
 
 
・実戦練習
走攻守全般の練習により実戦での判断力を高める。
ランダウンプレー、ダブルスチール、スクイズ、エンドランなどあらゆる場面を想定する
 
野球実戦練習法
 
 
■補強編・投手編
・基本練習・自主練習
ソフトボールと硬式のバットを使い、骨盤の切れで打つ練習
テニスボールを打つことで体勢を崩しても打つ練習
 
・ブルペン投球練習
ピッチャーとキャッチャーの連携を確認
中学3年の選手は硬式も意識した練習も始める
 
 
解説は同校野球部の加藤 宜士監督です。
 
・練習環境が十分に整っていない
・練習時間が満足にとれない
 
といった逆境にあっても、実戦的な実力をつけるためのノウハウがわかるDVDです。
 
 
常葉学園橘中学校 軟式野球部練習プログラムDVD

 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す