守備上達練習法DVD・本

◆川崎宗則 実践守備マスタープロジェクト◆





 

【川崎宗則DVD】紹介映像

 
>>川崎宗則 実践守備マスタープロジェクト<<
 
 
◆内野守備上達革命◆

内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス 内野守備コーチ 清家政和 監修】DVD2枚組

 
>>内野守備上達革命<<

◆◆目次◆◆
内野守備上達革命
守備上達本
配球の本
守備関連小ネタメモ
 
梅原伸宏のグラブマネジメント 守備力向上に
定詰雅彦氏監修 野球キャッチャー育成法DVD
 
参考書籍
 


◆内野守備・上達革命
内野守備・上達革命
逆シングルでゴロをさばく・プロの練習法 ゴロの捕球を安定させる極めつけの捕球術 三塁手と遊撃手の守備の違い まずやるべきグローブさばき基礎の基礎 併殺時の二塁手の高度なフィールディングはこうして練習する

上手い内野手になるための下半身強化トレーニング 「腰は低くすればいい」は間違い!上手い内野手の下半身操作訓練法 三塁手が気をつけるべき右足の重心の置き方 前後左右のフットワークを鍛える内野手特有の準備運動 キャッチボールの段階で意識するべきフットワーク練習 どのポジションでも活かせるステップの踏み方練習 後方へのフライを捕るコツと練習法 内野フライの落下点を見る目を養い”お見合い”を防ぐ練習法
  
併殺練習で遊撃手が身につけるべき体捌きの重要ポイント 二塁手と遊撃手の併殺・中継プレーの連携で気をつけるべきこと ダブルプレーで落球が多いのは○○を守っていないから 併殺でありがちな遊撃手の失策を防ぐ練習法 併殺時のショートトスが苦手ならこの練習を 二塁盗塁時の二塁手と遊撃手の連携をレベルアップするには

ノックが苦手でもOK!前後左右のショートバウンド指導法 ボテボテのゴロにダッシュ&素手で捕球→送球のスキルをアップする ダイビングキャッチでケガを防ぐための身体動作 実は難しくないランダウンプレーの練習 ランダウンプレーで忘れがちな視線の使い方 ランダウンプレーでやってはいけないこととは?
 
握り損ねを防ぐ内野手特有の握りの秘訣 打球の強弱と方向に応じたグラブの角度・パターン練習 良い回転のボールを投げるグローブ内での動作 トンネルを防ぐ最重要ポイント・正面での捕球とボールの見方 内野手なら必ずマスターするべき構え!足首、足の裏、○○への意識
 
五本指を使ってボールを捕る感覚を養うポイント 送球の正確性を抜群にレベルアップさせるトレーニング 試合で暴投してしまうならキャッチボールでこの意識を 内野間で最も遠距離を投げる三塁手の暴投を防ぐトレーニング イップスを疑われるほど乱れた送球を改善したトレーニングメニューを公開 牽制時に走者とぶつからないベースの踏み方とフットワーク 肩は弱くないのに捕球→送球が遅いならこの練習を 一塁への送球がいつも2バウンドになってしまうなら肩でなく○○を使うトレーニングを
 
内野守備・上達革命
元・西武ライオンズ・楽天イーグルス内野守備コーチ 清家政和監修

 
目次に戻る

◆守備上達本


プロ野球守備・走塁バイブル
プロ野球守備・走塁バイブル―一流の技をマスターせよ! (B・B MOOK 1149)
 
トッププロに学ぶ野球上達テクニック守備・走塁
トッププロに学ぶ野球上達テクニック守備・走塁 (Seibido mook)
 
高校球児に伝えたい! プロでも間違う守備・走塁の基本
高校球児に伝えたい! プロでも間違う守備・走塁の基本
 
知るだけで強くなる 野球守備フォーメーション入門
知るだけで強くなる 野球守備フォーメーション入門
 
野球 守備フォーメーション
野球 守備フォーメーション
 
基本と実践で差がつく! 外野手 最強バイブル
基本と実践で差がつく! 外野手 最強バイブル
 
フィジカルを鍛えてうまくなる野球守備
フィジカルを鍛えてうまくなる野球守備
 
野球守備の教科書―守備率10割をめざせ!
野球守備の教科書―守備率10割をめざせ!

 
黄金期の野球 少年野球 守備編―一生のうちでいちばん野球が上手くなる
野球ステップアップシリーズ 守備編(1)内野手
鉄壁のフォーメーションがよくわかる 野球 守備事典
野球技術 フォーメーション編―野球を始めたら、必ず覚えよう守備のフォーメーション
 

◆配球の本
打者を追い込む投球術がよくわかる 野球 配球の極意
部活で差がつく! 野球ピッチング基本のテクニック
考える配球
高校球児に伝えたい!プロでも間違うバッテリーの基本
キャッチャーの科学 打たれない配球の極意
 
 

◆守備関連小ネタメモ
平成19(2007)年9月12日の東京スポーツ新聞
箕田浩二さん(当時ヤンキースに在籍していた松井秀樹選手に)

聞けば松井はヤンキースに行ってからも打球に対する反応を磨くため、打撃練習時から守備位置については、一球ごとにスタートを切る練習を今も続けているそうだ。その心がけさえあれば心配はない。
 
ただ、心残りがあるとすれば、スライディングキャッチの際のグラブの出し方を教えていなかったこと。
 
捕球の際、グラブを寝かせて地面を滑らせるようにしていれば、昨年の左手首の骨折は未然に防げていたかもしれない。

 
 

◆参考書籍
週刊現代 2014年 6/14号177ページを石井琢朗選手内野守備上達のコツ「ボールの横」コンテンツの参考にさせて頂きました
週刊新潮 2016年3/24 号134ページを「キャッチャー不毛時代」新潮の記事コンテンツで参考にさせて頂きました
週刊文春 2015年 6/4号140ページをキャッチャーはリードよりもとりあえず打撃?コンテンツで参考にさせて頂きました

同カテゴリの最新記事

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す